MIKASA'S VOICE 社員インタビュー

若手エンジニアの活躍ぶりを見る

豊富な知識や積み上げられた経験を武器に活躍する先輩社員と、
日々新しい力を吸収し成長を続ける若手エンジニア。
さまざまな現場で知恵を絞り、汗を流す人々の声から、
三笠産業の魅力を感じ取ってください。

加工したものが各地の工場で使われ製品の完成につながっていることに喜びを実感。
改善したいと感じた部分に対し提案がしやすく、活かしてもらえる。

各部署から依頼される金型の部品などを、ベテランに教わりながらつくっています。例えば、製造したキャップを取り出すときに吸着させるための部品であったり、検査機にキャップを流すための部品であったり。加工したものが各地の工場で使われ、製品の完成につながっていることに喜びを感じます。作業のなかで改善したいと感じた部分に対しても意見が言いやすく、自分なりに提案した企画やツールなどを活かしてもらえるのも嬉しいです。
旋盤やフライス盤など、工作機械を扱う学科だったので、学んだことは仕事に直結。測定器の扱い方や図面の見方、描き方なども大いに役立っています。昔からものづくりが大好きなので、仕事で携われるのはありがたいです。細かな技術が必要なことが多く、0.001mm単位で削る技術などは、一朝一夕で身につくものではありません。昨日より今日、昨年より今年と、毎日少しずつ成長できる努力を続けています。

photo

知識や技術をしっかり習得し次へと託せるように努力を重ねたい。
photo

高校時代は美術を専攻していたのですが、ちょっとでも気持ちが緩むとすぐ絵に反映され、ダメ出しをされていました。そのあたりは金属加工も同じ。プロの目はごまかせません。常に真剣に取り組まなければ、寸法や物の表面などへ如実に反映されてしまいます。
機械加工は一発勝負。少しのミスで最初からやり直すこともあります。そのときはかなり落ち込みますが、失敗でも成功でも常に作業の内容を文書に残し、特に失敗したときは原因や注意点を洗いだすことで、同じミスを繰り返さないよう心がけています。
技術や知識を教わり伝えるだけでなく、今後は伝えた内容を確認する部分にも注力していけたらと思います。より技術が定着するように、わかりやすい手順書も整えていきたい。それにより会社全体の技術力が少しでも高まれば、製品の質の向上につながるはず。そのためにも今は、知識や技術をしっかりと習得し、次へ託せるように腕を磨いていきたいです。

トップへ

1日のスケジュール

photo
8:30メールチェック

朝礼後、まずメールをチェックして社内からの依頼や連絡事項がないか確認。今日はメールが少ないので、早々に機械加工業務へ。

photo
9:00機械加工業務①

砥石で金属部品を研削する作業。0.001mm単位の精密な作業なので、先輩にコツを教わりながら習得していきます。

photo
10:00機械加工業務②

続いて円柱形の金属を削る旋盤での作業。細く削れた金属はすぐに一杯になるので、こまめに掃除します。

photo
12:45昼食

いつも近くのコンビニでお弁当を買ってくるのが習慣。食堂で同僚と雑談しながらささっと完食。

photo
15:30機械移動

電動ホイストを操作して重い機械を釣り上げて移動。ヘルメット着用を忘れずに。

photo
16:50機械加工業務③

部品の形状によって、さまざまな機械を使い分けます。業務を通して、使いこなせる機械も増えました。

photo
17:00退社

機械のまわりをきれいに清掃し、工具の片付けを終えたら本日の仕事はここまで。

トップへ

MESSAGE 先輩からのメッセージ

縁も直感も何気ないものだからこそ大切にしてほしいです。

“縁”と“直感”を大事にしてほしいです。人はもちろん企業との出会いも、何かしらの縁があってこそ成り立ちます。そこから関わるか関わらないかを決めるのは、直感的な判断によるところが大きいのではないでしょうか。
三笠産業のことは就職活動で初めて知ったのですが、働きたいと思うきっかけになったのが「現状否定と創意工夫」という理念です。現状を見極め、新たなアイデアや小さな工夫が重要な役割を果たし、より良いものづくりにつなげていく。そんなところに惹かれ、結果、そういった仕事ができています。
自社をアピールする際の話し方や、会う社員みんなの人柄が良かったことも入社の決め手になりました。縁も直感も何気ないものだからこそ、大切にしてほしいです。

photo
トップへ
先輩社員のアドバイスを聞く
S.T. S.Y. S.M.