MIKASA'S VOICE 社員インタビュー

若手エンジニアの活躍ぶりを見る

豊富な知識や積み上げられた経験を武器に活躍する先輩社員と、
日々新しい力を吸収し成長を続ける若手エンジニア。
さまざまな現場で知恵を絞り、汗を流す人々の声から、
三笠産業の魅力を感じ取ってください。

設計した部品を組み立てるのが楽しい。稼働しているところを見ると達成感があります。
ものづくりが大好きで何かを創造する仕事に就きたくて志望。

生産するための設備の開発や取りまとめを行うのが設備技術部です。検査のために必要な部品や、段替え※用部品の設計などを行っています。新しい設備を入れるときはもちろん、今ある設備を改良する場合にも要となる役割。まだまだ覚えることが多く大変ですが、毎日が充実しています。
もともとものづくりが好きで、何かを創造する仕事に就きたくて合同説明会に参加したんですが、小さなキャップに多くの工夫が凝らされているところに魅力を感じました。これまでにも、金型から取れたキャップに穴が開いていないか、不良品が混じっていないかなどをチェックする検査機や、キャップを折りたたむ装置の作製を担当しました。どのように設計したらいいかを考えて部品を発注し、自分で組み立てることはすごく楽しいです。実際に稼働しているところを見ると達成感があります。

※段替え…複数種の製造物をひとつの多機能機械・ラインで製造するケースにおいて、一方の製造物を製造する設定から別の製造物を製造する設定に変更する作業が必要なときに発生する作業のこと

photo

三笠産業の魅力の一つは熟練の技術者にも相談しやすいところ。
photo

初めての部品設計では、動きの難しい機構を設計できず、先輩に何度も相談しながら取り組みました。キャップの試作に間に合わせなければならないので、約2カ月間、集中して取り組み、ようやく完成させられたときには心から感動しましたね。熟練の技術者に相談しやすいところも、三笠産業の魅力の一つ。3DCADも働きだしてから初めて使ったんですが、今では楽しく取り扱えています。
新製品が開発されるごとに、設備部品もまた新たに考えなければならず、大変ながらもやりがいが大きいです。日々、「やりたかった仕事だな」と実感できています。今はまだ設計だけで、電気やプログラムの部分には携わっていないので、一歩ずつ着実にスキルを高めていきたい。目標は、早く一人前の技術者となること。「設備といえばS.T.」と言われるような、頼られる存在になりたいですね。

トップへ

1日のスケジュール

photo
9:00進捗状況確認

チームの同僚と業務の進み具合を確認。遅れが出てきた時は早めにサポートし合うように工夫しています。

photo
9:30段替え用部品設計

生産設備の一部を変更する必要が出てきたため、段替え用部品の設計をPCで行うことが今日最初の仕事。

photo
12:45昼食

お昼ごはんは自炊派なので、自宅に戻って食べるのが通例。家が近いと何かと便利です。

photo
13:30立替部品組み立て

午後からは場所を移して、段替え用部品の組み立て作業へ。修業の甲斐あり、ようやく工具使いも慣れてきました。

photo
15:15部品チェック

組み立てに必要なボルトを取りに移動。細かいパーツの種類は本当に多く、まだまだ覚え切らないほど。

photo
17:30雑務

段替え用部品を保管する棚を整理したり、工具のメンテナンスをするなど、日頃の仕事がスムーズに進むように雑務も進んで取り組んでいます。

photo
18:30退社

明日の準備も終わり、ロッカーで着替えて業務終了。帰宅の途も自宅が近いので楽です。

トップへ

MESSAGE 先輩からのメッセージ

何事にも興味をもち、挑戦することで将来の選択肢も増えていきます。

学生時代は、とにかくいろいろなものを見て、興味をもち、挑戦することが大切です。そうすれば、自分の将来の選択肢も増えていきます。就職活動においては、情報収集も重要。たくさんの人に会って話を聞いたり、友だちから情報を仕入れたりして、自分に合った道を見つけてください。
僕は模型づくりが趣味なんですが、完成したときの達成感などは、今の仕事にも通じるものがあります。料理も好きなんですけど、どうやったら自分の食べたい味に近づけられるか試行錯誤する感覚にも似ているかもしれない。もし何かを形にするような趣味があれば、きっとこの仕事にも共通するので、興味をもってもらえたら嬉しいです。

photo
トップへ
先輩社員のアドバイスを聞く
S.T. S.Y. S.M.