WORK EPISODE 仕事エピソード

仕事相関図

三笠産業には、さまざまな職種の人々がお互いに協力しあって活躍しています。
ここでは、「営業」「開発」「技術」「生産」「管理」それぞれの位置づけと役割、
関わり方について解説します。

1つのキャップができるまで
photo

みなさんが日常的によく目にする調味料や飲料などのキャップ。その構造が至ってシンプルですが、それがカタチになり、世の中に送り出される影には、実に多くの人々の努力と試行錯誤があるのです。

ステップ
ステップ① ヒアリング
営業 photo

お客さまのご要望をヒアリングし、開発へと要件を伝える。

担当営業がお客さまのもとを訪問し、どのようなキャップが必要なのかをヒアリング。目の前の要望だけでなく、お客さまが気づかない潜在的なニーズまでプロの目で掘り起こし、プラスアルファの提案を行えるかどうかが腕の見せ所。

ステップ② 企画・提案
開発

営業と開発が議論を重ねながら解決策となるアイデアをまとめる。

営業で要件をまとめ、製品化に向けて開発と議論を行います。技術的に無理のある要望が出てくることもありますが、「できない」で終わらず、議論や試行錯誤を繰り返して代替策を提案するなどできる方法を模索。量産化の道を探ります。

営業

お客さまの要望を満たすプランを提案し、製品の方向性を決定。

開発から試作品が上がってくると、お客さまの要望を満たしているかをチェック。納期や収益も考慮しながら、最善の提案ができるようプランを練り上げていきます。方向性が決まれば、いよいよ設計・開発へ。

ステップ③ 設計・開発
技術

生産のための金型や周辺機器、量産を実現する仕組みをつくる。

キャップを生産するためには、まず製造するための機械と形状に合わせた金型が必要になります。技術では高品質で安定生産を実現するためのプランを練り、金型の設計や発注、生産機械の準備・調整を担当します。

開発

生産および量産の状況を共有し、問題がないかチェックを行う。

設計したとおりの製品として仕上がっているか、生産状況を確認することも重要に使命。もし形状や耐性など品質に問題が生じれば、すぐに技術と連携して解決策を導き出します。

ステップ④ 生産
生産

スケジュールに準じて計画を立て、高品位の製品を遅延なく生産。

キャップの生産工程が整えば、必要な数量の生産を行う計画を立てます。納期を遅らせることなく、キャップの品質に問題が出ないよう、生産中も入念なチェックを繰り返すなど、シビアな管理が求められるセクションです。

ステップ⑤ 納品
営業

生産完了した製品を納品し、さらに次の課題を探り出す。

無事キャップが生産されると、再び営業へバトンが渡り、お客さまへの納品を行います。納品後もお客さまへ連絡をとり、製品の使用に問題がないか、新たな課題が生まれていないか、アフターフォローを行うことも重要な責務です。

管理系の役割
管理

従業員がより良い仕事ができるよう、ソフト・ハードの両面からサポート。

人事・総務・経理などの業務を担当し、会社の根幹を支えるのが管理セクションの仕事。従業員が働きやすい環境を作るために、困ったことがあれば相談相手になり、解決のために奔走することもしばしば。

トップへ