MIKASA'S VOICE 社員インタビュー

先輩社員のアドバイスを聞く

豊富な知識や積み上げられた経験を武器に活躍する先輩社員と、
日々新しい力を吸収し成長を続ける若手エンジニア。
さまざまな現場で知恵を絞り、汗を流す人々の声から、
三笠産業の魅力を感じ取ってください。

自分が作成した資料を活用して円滑に業務を進めてもらえると嬉しくなります。
やるべき業務をゴールから逆算し計画を立てる力が身についた。

給与・賞与計算をはじめ、従業員の残業状況や有給取得状況などを確認する労務管理を担っています。社内制度の整備に向けた、規程の改訂や案内文書の作成も大切な仕事。給与や退職金、勤怠などに関する従業員向けの説明資料や、官公庁向けの申請資料の作成なども行っています。
給与計算や官公庁への届出関連は、期限を厳守しなければなりません。一つの業務の最初から最後まで流れを把握したうえで処理をしないと、途中のエラーに対応できなくなります。そのため何事もゴールから逆算し、担当者ともすり合わせながら業務計画を立てる力が重要。仕事を通じてそんな能力が身についたと思います。
何百人もの従業員全員からの提出が必要な書類となると特に大変です。案内を流すタイミングも考えつつ、書き方の見本を参考につけるなど気を配っています。自分が作成した手順書などの資料を活用して、従業員たちに円滑に業務を進めてもらえると嬉しくなりますよ。

photo

興味をもって聞いてもらえるよう正しく伝える力や人間性を磨きたい。
photo

給与計算時期は特に忙しくなります。それでも帰社時間を大きく変動させることなく取り組めているのは、日常業務の効率化に努め、事前準備を怠らないようにしているからだと思います。絶対に間違えてはいけないものなので責任は重大。その分、完了すると清々しい達成感が味わえます。
法律は流動的なので、常に流れを追っていくことが必要です。単純に事務作業として手順を覚えるだけではなく、随時、知識を刷新していかないといけない。大変ではありますが、そこが面白くもあります。
法律や勤怠に関わる話は、説明をしてもなかなか理解しづらいもの。私自身が苦手意識をもって話すと、耳を傾けてもらえません。相手に興味をもって知ってもらえるような、正しく伝える力と人間性を磨きたいです。

トップへ

1日のスケジュール

photo
8:15出社

まずはメールをチェック。急ぎの件から優先して片付けつつ、いくつかのメールは不明な点について確認の返信を行います。

photo
10:00データ作成・チェック

今日はミーティングがないので、PCでデータ入力作業。ミスがないように、集中してタイピングを続けます。

photo
12:00昼食

お昼は人によって時間はまちまちですが、自分は12時ちょうどにランチをいただく主義。持参したお弁当を持って食堂へ。

photo
12:45資料作成

過去の情報を参考にしながら、上司に依頼された社内制度の資料を作成。昨日から着手していたので、今日は仕上げの段階。

photo
15:00休憩

まだまだデスクワークが続くので、ここでちょっとひと休み。ストレッチで体をほぐし、目もしばし休めます。

photo
15:10資料作成

リフレッシュしたら、資料作成の続き。完了したら、次は官公庁向けの資料作成に着手します。

photo
18:30退社

給与計算時期は忙しくなりますが、事前準備を怠らないことで退社時間が大きく変動しないように工夫しています。

トップへ

MESSAGE 先輩からのメッセージ

自分自身の今後の生活や将来の夢と焦らずに向き合ってください。

早く就職を決めた人が、立派な人間だということはありません。内定さえもらえば成功者の道が待っているわけではないのです。そのことを頭において、活動をしてほしいです。
私自身、「調味料のキャップ」という、これまでの人生で意識すらしていなかった商品を開発している会社が、地元関西の奈良県にあるということを、じっくり探すなかで知りました。しかも1912年の創業ながらも成長企業であると。その歴史と発展に魅力を感じました。
就職活動中は自分と周りを比べて不安になることも多いと思います。だけど焦らず慌てず、自分自身の今後の生活、そして将来の夢と向き合ってください。

photo
トップへ
ほかの先輩社員のアドバイスを聞く
M.W. R.M. S.H. K.A. F.H.